壷井明 展 東京報告 vol.7 Akira Tsuboi Exhibition Tokyo Report vol.7

2017.6.24&25
open:14:00 close 19:00

今、この時間に、被爆しながら低賃金で過酷な労働を強いられている多くの原発作業員がいる、6年経って未だに応急仮設住宅と呼ばれるプレハブで帰る場を失った老人たちも大勢いる、汚染された土壌に怯えながらそれでもそこで生活するしかない母親や子供もたちもいる。
そしてたった今、ベニヤ板に描かれた幾枚もの絵画の群れが誰もいないKENという空間にあり、それを僕は見つめている。絵の奥から、無名な人々の叫び声が鮮烈な沈黙で響いてくる。
壷井明はフクシマに幾度も足を運び、現地の人々の無数の言葉を記録し、それを身体的に受け止め、視覚化してきた。彼は棄てられた闇に生きる人々に光をあて、変化し続ける現地の状況を、文字通り、イラストレーションしているのだ。
ソフィスティケートされた一方で野生を失った最近の美術とは逆に、壷井明の存在理由はその野生な行動力&インテリジェンスにある。故に、その作品が目指すは美術館や画廊のようなナイーヴな空間ではありえない。そこは渋谷、新宿、上野、原宿、無数の他者が行き交う駅前、都心部の公園。・・・ベニヤ板に描かれた祭壇画を、壷井明はおもむろに人前に晒しひろげる。そして彼は、狩人のように一人、終わりの見えない即興トークを展開し始めるのだ。耳無し芳一、義太夫、瞽女、一遍上人、あるいは創成期のラッパーのごとく、ずらりと並んだ自作絵画もろとも、作家自身が生きたメディアとなるのである。その際、他者である通行人はそこに立ちすくみ、突如現れた生き物のようなイメージの連続に吸い込まれてゆき、身体の奥で眠っていた想像力は覚醒し、日常が崩れ去る時間が一気にやってくる。芸術の可能性は、この危うい「事件」の中にある。
この摩擦を呼び起こす路上パフォーマンスというかプレゼンテーション、かなり面白い。だれもが一度は体験すべき代物。テンション上がる。これは、アドリブ全開なエンターテイメントでもあるし、大学や美術館とかではお目にかかれない尖りまくった表現の現場でもある。街中でのこの一連のアクション、「ヒトが独りで立ち表現する」という、最も重要な自立のための基本形でもあり、これは芸事のルーツで原点。そう、ジェームス・ブラウンもマルコムXもストリートからスタートしている。語り相手はサラリーマンだったりフリーターだったり外人観光客だったり女子高生だったりホームレスだったり警官だったり、そしてまたまたホームレスだったり、あるいはいきなり元原発作業員だったりと、チャンス・オペレーションの連続、現代絵師&語り部による超ストレートなゲリラ展示&ショーだ。
この作品を含めた行為は、あのシロい枠に収めることを目的に作られた「現代アート」とは対極にある。当たり前だが客層もかなり違う。あえて言うならば、これはもう一つの別の現代美術だ。故に世界基準なアートに他ならない。(意味わかるか?)壷井明のこのスタイルというか、独自なスタンスというかは、大胆でいて繊細、幕末絵師の屏風絵をも想起させる粘り強くうねる超自己流画法も含め、これこそは私たちが失いかけているあの美しい反発力の証明であり、今となっては稀にみるFUNKなハプニング、とりわけこの時代、しかも(だれも何も言わない状態の)ここ日本ではとてもとてもイカした態度であり、ずらり並んだ絵の中に、今、血が流れていて、私たちの目は本能的にそこに釘付けになるのであります。
壷井明のこの行為を、アート・アクテヴィズムなどと解釈しとにかく自分の都合の良い形にはめようとする研究者や鑑賞者がいるけれども、表現の本質を見ようとする意識がそもそも欠落してしまったその野暮なセンスに、僕としては教養主義の哀しい限界を感じるしかないのであります。これは、アカデミズムへの否定ではなく、けれども視点がそれだけになると芸術を決して見抜くことはできないという意味での批判であり、何よりも今や定評主義で一本調子なのがやたらに多すぎる美術関係者へのメッセージであります。自分の目で見て、自分の耳で聞け、ということ。どうあれ、こっちは命をかけているのだ。だから「そう簡単にわかられてたまるか」なのである。実際この男の語りに左翼的イデオロギー感はないし、ありがちな演劇的センチメンタルとも無縁だし、何よりもアートっぽいスカしたデザインな雰囲気も一切ない。それはとても気持ちのいいこと。ようするに彼は結果、気取ったこと=クサイこと、をしないし、できないし、素晴らしいことにそもそもそんな技など持っていないのだ。では表現の動機とは何なのか。それは地べたに生きる人々に対するブレることのないシンパシーと妥協なしの知的反骨魂にこそある。つまり、信用できるのだ。それを極めて根源的(であるがゆえに今や先端的になってしまう)方法、要は自力で街中に露出し、あの語りを始めることで成り立たせているのだ。 KEN

2017.6.24sat & 25sun
open:14:00 close 19:00

14︓00-展⽰スタート
両日15時より:壷井明トーク(約2時間)
スペシャル・ゲスト(25日のみ):森川雅美(詩人)